2012年05月18日

『下行性疼痛抑制系』と『内因性オピオイド系』【痛みの抑制A】

痛みが和らぐ現象は、さすったりつねったりして身体の外から刺激を与える方法以外にも、身体の中の神経の働きなどによっても生じます。その中に『下行性疼痛抑制系』と『内因性オピオイド系』というものがあります。


下行性疼痛抑制系』とは、脳幹から脊髄に向かって下行する抑制性ニューロンによって、脊髄後角での一次侵害受容ニューロン二次侵害受容ニューロンとのシナプス伝達を抑制し、痛み情報が二次侵害受容ニューロンに伝わらないようにして、痛みを和らげるものです。1979年に発見されました。


シナプス.jpg
図1:シナプス



シナプスは、【痛みの経路B】で説明したように、神経がバトンタッチするところです(図1)。


シナプス伝達.jpg
図2:シナプス伝達



どのようにバトンタッチするかというと、伝達物質という化学物質をバトンにして、それが前の神経から後の神経に受け渡されることにより行われます。前の神経には、伝達物質を蓄えているところ(シナプス小胞)があり、電気刺激がそこに到達すると、その伝達物質が後の神経に向けて放出されます。後の神経には、その伝達物質を受け取る受容体があり、その伝達物質が受容体にくっつくと、それが電気刺激に変換され、その電気刺激が後の神経を伝わっていきます(図2)。このようにして、神経間で情報のやりとりが行われています。


下行性疼痛抑制系.jpg
図3:下行性疼痛抑制系



下行性疼痛抑制系』の抑制性ニューロンは、一次侵害受容ニューロン二次侵害受容ニューロンシナプス伝達を抑制するために、脊髄後角へ‘ある’伝達物質を放出します。その伝達物質は、ノルアドレナリンセロトニンの二つがあります。それぞれの伝達物質が放出される神経経路を、ノルアドレナリン系セロトニン系とよんでいます。ノルアドレナリン系セロトニン系ともに、脳幹の中脳から始まります(図3)。


この『下行性疼痛抑制系』を利用して痛み和らげる薬物がいくつか開発され、現在の医療で使われています。


@モルヒネ、オピオイド

中脳を刺激し、『下行性疼痛抑制系』を賦活させることにより、痛みを和らげます。

モルヒネとは、アヘンに含まれているアルカロイド(窒素原子を含み、塩基性を示す天然由来の有機化合物の総称)で、麻薬のひとつです。鎮痛、鎮静薬として様々な痛みの軽減に有効ですが、依存性が強い麻薬の一種のため、各国で法律により使用が厳しく制限されています。医療においては、癌による痛みをはじめとした強い痛みを和らげる目的で使用されています。適切な治療法に従って使用した場合は、依存は起こらないとされています。

オピオイドとは、オピオイド受容体に結合する物質の総称です。オピオイドの主要な作用は、鎮痛作用です。モルヒネオピオイドのひとつです。オピオイド受容体は、歴史的にはモルヒネが結合する受容体として発見されたので、モルヒネ受容体ともよばれています。


A選択的セロトニン再取り込み阻害薬(抗うつ薬)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬

再取り込阻害薬.jpg
図4:再取り込み阻害薬



抑制性ニューロンの伝達物質であるセロトニンノルアドレナリンを、脊髄後角に長時間漂わせてそれらの濃度を高くすることにより、一次侵害受容ニューロン二次侵害受容ニューロンとのシナプス伝達の抑制を強化し、痛みを和らげます。

再取り込み阻害薬とは、神経から放出された伝達物質は通常その神経に回収(再取り込み)されますが、この回収(再取り込み)過程を阻害する薬のことです(図4)。



内因性オピオイド系』とは、内因性オピオイド(身体の中で作られるオピオイド)をオピオイド受容体に結合させることで、痛みを和らげるものです。オピオイド受容体は、中枢神経系に幅広く分布しています。痛みは、痛み刺激が末梢から大脳に伝わると生じますが、その痛みの経路の途中にあるオピオイド受容体オピオイドが結合すると、痛み刺激が伝達されにくくなり、痛みが和らぐこととなります。


鍼治療プラセボバイオフィードバック療法による鎮痛は、この『内因性オピオイド系』が関与しています。


プラセボとは、偽物の薬のことで、本物の薬のような外見だが薬としての効果がないものです。


バイオフィードバック療法とは、自律神経系の情報(心拍数や血圧など)を利用し、自分の意思によって心身の状態をコントロールする治療法です。


以上のように、ヒトには痛みを和らげるしくみがいくつか備わっています。みなさんにも経験があるかもしれませんが、本当は痛いはずなのに、痛みを感じないときがあります。例えば、スポーツの試合において、骨折しているのに気づかずプレーを続け、試合終了後に激痛を感じて骨折していることが分かるようなとき。このようなときは、以上のような痛みを和らげるしくみが作動しているのでしょう。このしくみを、自由自在に操れれば、痛みと上手く付き合っていくことができそうですね♪


おわり(^^)


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.
小山なつ:痛みと鎮痛の基礎知識(上)基礎編,技術評論社.2010.



posted by ふなこしのりひろ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55891102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック